サーチナ
 
         

・サーチナの著作権

SBIサーチナ株式会社とメディア・ポータルサイトとしてのサーチナ(以下サーチナ)がウェブサイト上で展開しているあらゆるコンテンツは原則、サーチナに帰属します。

 

記事・資料画像の著作権について

外部から正統な権原にもとづき提供された著作物など、サーチナから発信するすべてのコンテンツ(情報、データ、文書、ソフトウエア、音楽、音、写真、画像、映像、ビデオ、伝言、文字など)の著作権は、原則的にサーチナに帰属します。

 

記事・資料画像以外の著作権について

外部から正統な権原にもとづき提供された著作物など、サーチナのコンテンツのレイアウト、デザイン及び構造に関する著作権は原則としてサーチナが所有しています。

個々のコンテンツの著作権のほかに、ホームページという形で編集したことによる編集著作権もサーチナにあります。

ただし、サーチナの社員以外による寄稿や外部写真家による写真、ウェブ技術を駆使したコンテンツなどの著作権は、原則として原著作者に帰属します。

 

サーチナに送信(発信)されたコンテンツについて

サーチナには掲示板など、お客様が送信(発信)したコンテンツを不特定多数のお客様がアクセスできるサービスがあります。このような不特定多数のお客様がアクセスできるサービスに対してお客様がコンテンツを送信(発信)した場合、お客様はサーチナに対して、当該コンテンツを日本の国内外で無償で非独占的に使用する(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案を含む)権利を許諾(サブライセンス権を含む)したものとみなします。また、お客様は著作者人格権を行使しないものとします。

なお、この条項は、他のお客様に対してサーチナが当該コンテンツの使用許諾を約束するものではありません。

 

著作権の取り扱い

サーチナはサーチナの著作権を、新聞・雑誌などの紙媒体の著作権と同等に取り扱います。

著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を超えてサーチナのコンテンツを使用する場合、サーチナの使用許諾が必要となります。ご心配な方は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

また、写真につきまして、サーチナの販売商品であり、そのサイズや様式、ブログなどサイトの種類や個人・法人にかかわらず、一切無断でご使用できません。

いかなる人物も、いかなる形式、方法、手段によっても、これらのコンテンツ(全部、一部を問いません)を、弊社の同意なく、複写、転載、複製、翻訳、翻案、送付、公衆送信、譲渡、頒布、貸与、配付、転売、またはこれらの目的で使用するために保管することはできません。

サーチナ以外の外部から寄稿されたもの、提供されたもの、取得したものは原著作者の許諾が必要になります。

 

オンラインコンテンツにも当然著作権があります

インターネットの発達、Web2.0の概念の浸透と一般インターネット利用者による情報発信の活発化によって、ウェブサイトにおける様々なコンテンツが時と場所に制限されずに自由に閲覧・利用できるようになったと同時に、コンテンツを複製するなどの方法によって非常に簡単に違法行為が行え、かつそれがインターネットという大海の中でまかり通ってさえいるというのが現状です。

オンラインコンテンツを無断で利用する人の多くは、著作権などの問題があることに気が付いていないか、気が付いていても「個人のページに載せるのだから」「営利を目的とするわけではないから」といった理由で、さらには「オンラインだからいいだろう」などと考え、安易に「認められるだろう」と考えているようです。

しかしオンラインコンテンツの多くにも当然著作権があり、サーチナもその例外ではありません。サーチナのコンテンツの著作権のほとんどはサーチナに帰属する、とお考えくださって間違いはありません。

個人と法人その他団体を問わず、またその方法や形式、目的を問わず、一切無断でご利用いただくことはできません。必ずご利用前にサーチナにご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。お問い合わせフォームからお問い合わせください。ご連絡いただいた上で、ご利用の可否を審査させていただきます。

なお、上記のように明記しているにも関わらず、サーチナの著作権侵害やコンテンツの不正使用がサーチナによって確認された場合、警告なく法的措置に訴える権利を当社は放棄していないことをご了承ください。

(2012年4月20日更新)